VDT症候群とは、

Visual(ビジュアル) Display(ディスプレイ) Terminal(ターミナル)の略でパソコンなどのコンピューター液晶表示機器を指します。

VDT作業を長時間行うことに伴い生じる健康障害の総称 VDT症候群です。

IT化に伴い労働者のVDT作業時間が増えた為、労働衛生上の問題が指摘されています。

●症状
VDT症候群では主に
眼・身体・精神・神経 に症状が出現します。

●予防方法
VDT症候群は予防が大切であり、自覚症状が継続している場合は早めに対策を立てる必要があります。

① 直射日光が画面に当たらないようカーテンやブラインドを使用する

② ディスプレイと目は40㎝以上離す

③ 背もたれ付きの椅子に深く腰掛けて背筋を伸ばし、足裏全体が床につくように座る

④ 連続した作業時間は、1時間を超えないようにし、途中1~2回程度の小休止を設ける。

⑤ 他の作業とのローテーションを実施し一日の連続VDT作業時間が短くなるようにする

●事業者が気を付けること

① 作業者が心身の負担を強く感じていたり身体に異常がある場合は、早期に作業環境・方法の改善を図る

② 作業者が心身の症状や働き方について、相談できる場を設けることが望ましい

③ 有所見者については、医師の意見を踏まえ必要に応じて医療機関の受診、保健指導等の実施、就業内容の変更の必要性について検討する

👉労働者、事業者ともに、必要な知識を取り入れていくことが重要です
👉労働時間以外にスマホやタブレットを使用する際も、長時間の使用は避け休憩をとるようにしましょう

参考:VDT作業における労働衛生管理のためのガイドラインについて(厚労省)、新VDT作業ガイドラインのポイント(厚労省 東京労働局)