同じ職場で働く人とのコミュニケーション場面で、必要以上に強く言い過ぎて後悔したり、
言いたいことが上手く言えずに辛い思いをした、という経験がある方は多いと思います。

コミュニケーションのタイプは大きくわけて4つあります。

①自分が絶対に正しいと考え、威圧的で相手を一方的に責める
②頼まれたことは断れず自分の意見を言えない
③回りくどい表現や嫌味な態度で接して察してもらおうとする
④攻撃的にも卑屈にもならず、相手も自分も尊重しながら自己主張をして適切に対話できる

例えば自分が上司と想定し、
“部下が何度言っても同じミスを繰り返している” 
という場面で
①のタイプは一方的に怒鳴り、②のタイプは心の中でため息をついて後輩のミスしたところを
自分で直し、③のタイプは周囲に「あいつはまたミスをした、もう成長しない」と本人に聞こえるように話します。そして④のタイプは「こんなにミスが続いているのはさすがにまずいよ」と率直に伝え、理由を尋ねます。そして、「どうしたらミスがなくなるか一緒に考えよう」と伝え、具体策を考えます。

④のタイプは “アサーティブ” なコミュニケーションと表現します。
相手を尊重しながら自分の意見や要求、感情を率直に、誠実に、対等に伝えるコミュニケーションのことです。

アサーティブなコミュニケーションができると、「一人で抱えこんだ結果、燃え尽きる」
「ため込んだ末に爆発してしまう」ことがなくなり、物事の対処の仕方に自信が持てるようになります。
また職場の一人一人が意識できると、気づいた問題点をすぐに共有でき率直に意見を出し合える風通しの良い組織となります。

相手を傷つけず、自分も大切にして、人間関係に悩む人が減っていけば良いなと思います。

参考:アサーティブな話し方・伝え方~自分も相手も大切にできる会話術~(現代けんこう出版)、
あかるい職場応援団―言い方ひとつで変わる会話術-(厚労省)、こころの耳-領域2 人間関係-(厚労省)