インフルエンザは例年、冬に流行しますが、まだ時々暖かい日もある9月の今

インフルエンザの患者報告数が2009年に次ぐ勢いで急増しています。

夏休み明け早々、インフルエンザによる学級閉鎖が各地で相次いでいます。

インフルエンザにかからない為の有効な手段は予防接種💉です!!

「インフルエンザの予防接種を受けてもインフルエンザを発症したことがあるから予防接種は意味がない」

と話す人がいますが、100%予防するというわけにはいかなくても、発病する確率は低くしてくれます。

また、予防接種を受けていると発病しても重症化するのを防ぐことが期待できます。

●予防接種の有効性について

① 6歳未満の小児👶を対象とした研究では、「インフルエンザワクチンを接種せずに発病した人のうち60%は、ワクチンを接種していれば発病を防ぐことができた」 という結果が出ています※1

② 65歳以上の高齢者福祉施設に入所している高齢者👴を対象にした研究では、「予防接種をしたことで34~55%の発病を阻止し、82%の死亡を阻止する効果があった」という結果が出ています※2

インフルエンザワクチンは、そのシーズンに流行することが予測されたウイルスを用いて製造されていること、ワクチンは接種後、5か月程度で効果が消失することから、毎年予防接種を受けることが望ましいです!

●感染した時の注意点について

① 解熱後も2日程度は感染力がある為、解熱し症状が治まっても2日程度は出勤しないようにしましょう😪

② 呼吸困難、息切れ、胸の痛みが続く、嘔吐や下痢が続く、水分が摂れない、3日以上発熱が続いている
などの症状がある時には早めに医療機関を受診しましょう🏥

③ 小児や未成年者が感染すると、支離滅裂な言動、突然興奮する、ウロウロと歩き回る、呼びかけに反応がなくなる等の異常行動を起こすことがあります。稀ですが転落等による死亡事例も報告されています (2009年4月~2018年8月末までに9件。) インフルエンザの診断後は子供の状態に注意し観察が必要です❕

また、周囲にうつしてしまわないよう、基本的な感染予防対策を行いましょう。(ごめんなさい当院ではインフルエンザ予防接種できません・・・m(_ _)m💦)

💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉💉

※1 厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業「インフルエンザワクチンの効果に関する研究(主任研究者:神谷齊(国立療養所三重病院))」

※2 厚生労働行政推進調査事業費補助金(新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業「ワクチンの有効性・安全性評価とVPD対策への適用に関する分析疫学研究(研究代表者:廣田良夫(保健医療経営大学))」

参考:インフルエンザ対策 インフルエンザQ&A (厚労省)、インフルエンザ一問一答~みんなで知ってみんなで注意~(厚労省)